ご覧になりたい内容をクリックしてください。指定した位置にジャンプします


技能五輪

技能五輪とは、将来を担う若い技能者たちが、切磋琢磨しながら技能日本一、世界一を目指す競技大会です。
技能五輪地方大会(各都道府県で行なわれる予選会)で選抜された方等が、原則毎年秋に行なわれる全国大会に出場できます。
また、国際大会の開催前年におこなう全国大会については、国際大会の選考会も兼ねており、金賞(1位)を受賞した方が、翌年の国際大会に推薦されます。


【中央職業能力開発協会 技能五輪全国大会の詳細へ】
【中央職業能力開発協会 技能五輪国際大会の詳細へ】


栃木県地方大会参加方法

参加資格

満23歳以下の方が参加できます。
全国大会参加資格は満23歳以下、国際大会参加資格は21歳以下の方です。
詳しくはお問い合わせください。

実施種目(栃木県において実施する主要競技)

機械組立て、抜き型、機械製図、旋盤、フライス盤、構造物鉄工、電気溶接、タイル張り、曲げ板金、配管、電子機器組立、電工、石工、左官、建具、建築大工、フラワー装飾、洋菓子製造、造園、日本料理、冷凍空調技術、とび・・・など

参加手続き

栃木県地方大会は、当協会で実施する技能検定(国家試験)の実施時期にあわせおこないます。
技能検定の申請手続きにならい、当協会へお申込みください。
>>技能検定申請手続きについての詳細へ

競技内容と競技日程

技能検定の2級実技試験問題と同一の問題で実施します。
競技日程は技能検定と同様、受検票(参加票)により別途通知します。


技能グランプリ

技能グランプリは、特級・1級技能士等、経験豊かな職人達が、技能日本一を決定する競技会です。 中央職業能力開発協会と、全国技能士会連合会の共催により実施しています。
【中央職業能力開発協会 技能グランプリの詳細へ】



技能グランプリ参加方法

参加資格

技能検定の特級、一級又は単一等級の技能士

実施種目

染色補正、婦人服製作、紳士服製作、和裁、寝具、石工、建築大工、かわらぶき、畳製作、建築配管、床仕上げ(プラスチック・カーペット)、壁装、旋盤、フライス盤、機械組立て、家具、建具、貴金属装身具、印象木口彫刻、表具、園芸装飾、広告美術、日本料理、フラワー装飾、レストランサービス、(職種は大会ごと変更あり)

参加手続き及び費用

参加職種ごとの参加費が必要となります。詳しくはお問い合わせください。


若年者ものづくり競技大会

工業高校等や職業能力開発施設の学生など、20歳以下の若年技能者を対象に、中央職業能力開発協会が開催しています。
技能五輪選手選考会を兼ねることもあります。
【中央職業能力開発協会 若年者ものづくり競技大会の詳細へ】


栃木県職業能力開発促進大会

働く人々の職業能力開発を促進するため、広く県民一般に職業能力開発に関する広報を行なうとともに、技能尊重気運の高揚を図ることを目的とし、県・協会・共催で開催しています。
毎年全国技能尊重月間である11月に合わせ、卓越技能者・職業訓練功労者・技能検定協力者・技能検定(五輪)優秀者等への表彰や、基調講演等を行なっています。